109tokuの四国巡りぞなもし

ダンボーと生麦大豆二升五合

6月の仁淀ブルーの巻

 

仁淀川上流部の某所に行って来ました。

上流すぎて貸切な某所です(*´∀`)♪

f:id:Toku109:20190622124346p:image

ゆっくりと流れてる水の音と

鳥のさえずりしか聞こえない秘密の場所カメラ片手にのんびりしてます。

f:id:Toku109:20190622124403p:image

暑い日が続く時はこの場所でゆっくりしたいのですが、ここに行くまでが結構キツいので頻繁に来れません。(*´∀`)♪
f:id:Toku109:20190622124329p:image

貸切になる様な場所は、かなり奥地に入らないと無いのが辛いですが頑張って探索したいです。
f:id:Toku109:20190622124306p:image

最近は猫ばかりだから少し生活を改める必要があります。^_^
f:id:Toku109:20190622124353j:image

顔つけてゴクゴク飲みたい位に水が綺麗でした。

次に来る時は泳ぎますよ( ̄∇ ̄)

f:id:Toku109:20190622124256p:image
そろそろキャンプ写真も始まりますのでよろしくお願いしまーす。(^-^)v
f:id:Toku109:20190622124316p:image

さて次は何処に行こう(^.^)

ジネンゴの頭に登るの巻

『ジネンゴの頭に登る』と言われても何の事か良くわからないと思いますが、とりあえず山登りに行ったのお話です。

f:id:Toku109:20190608083048j:image

正式な名前は黒森山(1701.5m)らしいけど、ジネンゴと呼ばれているどちらが正解かわからない山です。

※古い地図には黒森山とあるらしい

f:id:Toku109:20190608083110j:image

まあ名前の由来は諸説ありますが瓶ヶ森スーパー高速道路沿いで直ぐに登れる山として有名です。

瓶ヶ森から桑瀬峠まで瓶ヶ森林道を見下ろしながら歩く道は絶景です。

f:id:Toku109:20190608083155j:image

瓶ヶ森林道を行く人は大体間違えてると思いますが、林道を走るだけなら落石の非常に多い狭い道をただ走ってるだけです。景色なら正直四国カルストの方が綺麗です。

f:id:Toku109:20190608083218j:image

ここを走るからには伊予富士や東黒森、ジネンゴや瓶ヶ森の頂上に行かないと正直つまらないです。

f:id:Toku109:20190608083323j:image

何処も約30分程度で頂上に登れるので、ただ狭い道を走って絶景を見た気でいるより少し歩きましょうよ‼︎

その価値は絶対にありますから(^.^)

f:id:Toku109:20190608083256j:image

さて次は何処に行こう(^.^)

 

 

 

 

五色浜公園の巻

仕事終わりに五色浜散策です。

この日は野良猫写真を撮るついでに夕陽を眺めて撮ってきました。♪( ´θ`)ノ

f:id:Toku109:20190525094718j:image

ココは僕が行く海と違いいつ行っても賑やかなところです。そんな場所に不審者丸出しの僕が行くのは大変申し訳ないのですが…
f:id:Toku109:20190525094658j:image
まあ気配を消して角の方でひっそりと生きていく所存であります( ̄^ ̄)ゞ
f:id:Toku109:20190525094715j:image

最近は仕事終わりに野良猫ばかり追いかけてるので、いつもの秘境感や探索感は微塵も感じられません。梅雨前に何回かは探索するぞ♪( ´θ`)ノ
f:id:Toku109:20190525094711j:image

ココで好きなのは夕陽と影ッス(^^)

ココの砂浜や海も綺麗なのですが…

やはり木々と灯台、街灯の影に夢中です。

( ´Д`)y━・~~
f:id:Toku109:20190525094706j:image

なんか異国の地に来たみたいな感覚になりますが…

思いっきり全力で伊予市です。ヤマキの花カツオの伊予市です(^ω^)
f:id:Toku109:20190525094702j:image

今日も玉を片手に…

五色浜ビーチを猫を追いかけながら走り回ってます。こんな僕を見つけても石なんか投げずに、優しく見守って下されば幸いです。
f:id:Toku109:20190525094723j:image

日が沈んだ直後も綺麗ですよ。

夜は怖いから他の人に任せます^_^
f:id:Toku109:20190525094726j:image

さて次は何処行こう٩( ᐛ )و

それがしは猫であるの巻

それがしは猫である。

名前なんかは何でも良いよー

f:id:Toku109:20190524094009j:image

何処で産まれたのか⁇多分この公園ぞなもし。

薄暗くカラッとした海の近い公園でミーミー泣いとった気がするんよ。
f:id:Toku109:20190524094031j:image

それがしはココで初めてカメラ人間をみたんよ。
f:id:Toku109:20190524094034j:image

しかも後で聞くとカメラ人間はガイに怖い種族らしい。時々我々を捕まえて煮て食うらしい…f:id:Toku109:20190524094028j:image

しかしこの時は何と言う考えも無かったから特に恐ろしいとも思わなかった。
f:id:Toku109:20190524094016j:image

ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
f:id:Toku109:20190524094021p:image

吾輩は猫である』を勝手にガチャガチャしてしまいました。ブログにのせたものの、特に書く事が無かった無かったのでパクリました。
f:id:Toku109:20190524094012j:image

最近は景色や箱人形を撮らずに猫ばかり追いかけてます。思いっきり完璧な猫アレルギーなのですが気にしてないッス^_^
f:id:Toku109:20190524094006j:image

だけど運動不足気味なんで、海に山にソロソロ動き出します。やるぞーダイエット♪( ´θ`)ノ
f:id:Toku109:20190524094039j:image

さて次は何処行こう(^ ^)

棚田の風景の巻

 

棚田の風景を眺めて来ました。

年々撮影が厳しくなります……

f:id:Toku109:20190523115851j:image

理由は田植え前、田植え直後と言う事を忘れて、縦横無尽に勝手に田んぼに勝手に入る人達がいる事です。その畦道は我々が撮影する為にあるんじゃ無いのですよ。道路からでも充分撮れるのに、畦道に三脚立てて夕陽撮るってどうなの⁇
f:id:Toku109:20190523115832j:image

農家の人や地元の人は冷たい目で我々を見ています。全く歓迎されてない事に気付きましょう。
f:id:Toku109:20190523115836j:image

地名は伏せますが、ココは道路から撮る分には全く問題無いそうです。しかしながら田んぼや畑に入る事や私有地に勝手に駐車する事に激怒してる人もいます。
f:id:Toku109:20190523115841j:image

田んぼや畑は農家さんの財産ですから勝手するのはやめましょう( ´Д`)y━・~~

f:id:Toku109:20190523115829j:image

さて次は野良猫追いかけます♪( ´θ`)

松前港周辺の巻

最近は仕事終わりに夕陽を追いかけてます。

松山市から長浜周辺にかけて走り周ってますが、この日は松前港周辺を散策でした。

f:id:Toku109:20190517065730j:image

松前町には有名な夕陽撮影スポットの塩屋海岸がありますが、この時期はとても混雑している為に敬遠気味です。
f:id:Toku109:20190517065741j:image

松前港周辺で撮影してる人は殆どいないので常に貸切状態です。^_^
f:id:Toku109:20190517065745j:image

のんびりボチボチ行きましょう(^.^)
f:id:Toku109:20190517065738j:image

日が長くなったから最近は夕陽や棚田、野良猫を追いかけてますのでよろしくお願いします。
f:id:Toku109:20190517065720p:image

夕陽と漁船の格好良さは異常でした(^.^)f:id:Toku109:20190517065727j:image

ゆっくり夕陽見るのも癒しになりますよ(^.^)
f:id:Toku109:20190517065734j:image

さて次は棚田の風景です♪( ´θ`)ノ

今更だけど桜ですの巻

今更だけど桜の写真をのせますね。

場所は松山市彼岸花群生地で有名な場所ッス^_^

f:id:Toku109:20190516103515j:image

あまり知られていないのか彼岸花の時期に比べて人がいません。(^.^)
f:id:Toku109:20190516103519j:image

だからじっくりと撮影出来ます(^ ^)

この日も貸切でした。

オススメは地形的に夕方ですな〜

まあ撮ったのを忘れてたのは内緒です(^^)

f:id:Toku109:20190516103509j:image

さて次は何処に行こう(^ω^)